ナンセンスの絵本

ちくま文庫

エドワード・リア / 柳瀬尚紀

1988年12月1日

筑摩書房

854円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』と並んで、ナンセンス文学の傑作といわれる本書は、ヴィクトリア朝時代のイギリスの詩人、リアが、脚韻を踏んだ五行詩を書き、自らこっけいな絵を描いた、楽しい絵本である。-この絵本を言葉遊びの達人たる訳者が、原文の脚韻を忠実に踏んで見事な日本語に移しかえた。絵は総カラーにして、当時の雰囲気を再現した決定版である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください