笑う哲学

ちくま文庫

南伸坊

1992年8月1日

筑摩書房

512円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

南伸坊は日常生活から哲学する人である。部屋の片付けをしながら「分類は思想である」と定義づけ、芸能人の大麻汚染のニュースを見れば「法律で禁止するとはどういうことか」と分析し、子供のときのイジメを思い出して「差別の本質」について考察する。笑いながらも思わず哲学してしまうシンボーの面白エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください