大菩薩峠(14)

ちくま文庫

中里介山

1996年6月24日

筑摩書房

832円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

お松は七兵衛の手引きで洲崎へ到った。登と対面、お君を偲ぶ駒井。それもつかのま、暴徒の襲撃を逃れ新造船で海上へ。同乗するお松、マドロス、茂太郎。それより先、高山相応寺へ移った竜之助は血の渇きに眠れぬ日々。一夜、お雪が代官にさらわれた、まもなく代官屋敷の暗闇に白刃が一閃、代官の首が飛ぶ。直後、街道を急ぐ二つの駕籠。はからずも竜之助は代官の妾と道行き、美濃の金山へ…「弁信の巻」「不破の関の巻(一〜三十九)」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください