ヤクザに学ぶ組織論

ちくま新書

山平重樹

2006年1月31日

筑摩書房

748円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

ある意味では当然とも言えるが、ヤクザは厳しい環境の中で組織を維持・発展させてきた。そのためには強い団結力と戦闘性を保持しなければならず、彼らは一枚岩の結束と強靭な組織力を築き上げてきた。たとえば、山口組の新たな一極支配が進行しつつあるが、そこにはどのような組織原理が働いているのだろうか。また、関東の緩やかな連合組織に過ぎなかったテキヤの極東会が、強大な広域系博徒組織に匹敵する力を有するまでに至った背景には何があったのか。長年、ヤクザを対象として執筆活動を続けてきた著者が、究極の日本型組織の秘密に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください