民法改正

契約のルールが百年ぶりに変わる

ちくま新書

内田貴

2011年10月31日

筑摩書房

836円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

日本が西洋諸国と伍していくための国家戦略として明治期に制定された「民法」。企業間の取引から日常的な売買にいたるまで、われわれの経済活動の最も基本的なルールを定めたこの法律が、いま百年余りの時を経て抜本改正されようとしている。なぜ現在、こうしたルールの変更が求められているのか。具体的に何がどう改正され、それによって私たちの生活にどんな影響がもたらされようとしているのか。市場の世界化を見据えた契約法モデル策定の最新動向を、第一人者が平明に説く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

7

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください