感情天皇論

ちくま新書 1398

大塚 英志

2019年4月4日

筑摩書房

1,078円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

一九五九年、皇太子明仁のご成婚パレードの日、一人の少年が皇太子とその妻に石を投げた。三島由紀夫はその行為に「天皇と国民が個人として対話をする」というテロルを見て戦慄し、石原慎太郎はそれを隠蔽しようとした。そして即位した明仁天皇が行ってきたのは、かつて庵野秀明が描いた人類補完計画が成ったかの如き、統合の実践としての感情労働だった。『少女たちの「かわいい」天皇』から一時代を経て書かれた、「終わり」の平成天皇論

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

9

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

감정천황론

starstarstarstar
star
4.5 2020年02月23日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください