大衆の反逆

ちくま学芸文庫

ホセ・オルテガ・イ・ガセト / 神吉敬三

1995年6月7日

筑摩書房

968円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

1930年刊行の大衆社会論の嚆矢。20世紀は、「何世紀にもわたる不断の発展の末に現われたものでありながら、一つの出発点、一つの夜明け、一つの発端、一つの揺籃期であるかのように見える時代」、過去の模範や規範から断絶した時代。こうして、「生の増大」と「時代の高さ」のなかから『大衆』が誕生する。諸権利を主張するばかりで、自らにたのむところ少なく、しかも凡庸たることの権利までも要求する大衆。オルテガはこの『大衆』に『真の貴族』を対置する。「生・理性」の哲学によってみちびかれた、予言と警世の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.13

読みたい

12

未読

12

読書中

3

既読

19

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

awahira

(無題)

starstarstar
star
3.9

1930年の本だそうな。 当時のヨーロッパにおける国家、そして大衆の在り方について書かれた本だが、現代にも当てはまる事が多くて驚く。予言、と言ってもいい。 現代「大衆」とは何なのか。国家の中でどうあるべきなのか。 しかし難しかった‥

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください