異人論

民俗社会の心性

ちくま学芸文庫

小松和彦

1995年6月30日

筑摩書房

990円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

異人=妖怪=神とは。「異人殺しのフォークロア」をキー・コンセプトに、これまでの学問が隠蔽、無視し続けてきた日本文化の「闇」の相貌、記憶から抹殺されてきた精神の深層を、鋭利に浮上させる刺激的な論考。ニューウェーヴ民俗学の誕生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

4

読書中

2

既読

7

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください