死にいたる病

ちくま学芸文庫

セーレーン・オービエ・キールケゴール / 桝田啓三郎

1996年6月30日

筑摩書房

1,375円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

絶望とは、人間の精神のみがかかる「死にいたる病」である。キリスト教界の欺瞞を批判しつつ、無限なる神との関係における有限なる自己(単独者)をめぐって、絶望と罪の諸形態を徹底分析し、考え抜くー精神の教化と覚醒のために。自己疎外におちいった現代人の魂の、その核心への肉薄が、いまなお鮮烈に私たちをとらえてはなさない。キルケゴール晩年の思索を、デンマーク語原典から訳出し、詳細をきわめる訳注を付す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

3

読書中

5

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください