図説写真小史

ちくま学芸文庫

ヴァルター・ベンヤミン / 久保哲司

1998年4月30日

筑摩書房

1,100円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

芸術から「いまーここ」という一回性の「アウラ」が消滅する複製技術の時代にあって、写真はどのような可能性をはらみ、どのような使命を課せられなければならなかったのか?写真史を考えるとき、だれもが必ず引用する基本文献ーヴァルター・ベンヤミンの「写真小史」。初期写真から1930年代の作品までを通観したこの傑作エッセイに、そこで言及されているブロースフェルト、アジェ、ザンダーらの写真多数と、関連論文を加えて再編集。20世紀最高の批評家による写真論が目で見てわかる実証的な一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

0

読書中

2

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください