唯脳論

ちくま学芸文庫

養老孟司

1998年10月31日

筑摩書房

1,034円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 文庫 / 医学・薬学・看護学・歯科学

文化や伝統、社会制度はもちろん、言語、意識、そして心…あらゆるヒトの営みは脳に由来する。「情報」を縁とし、おびただしい「人工物」に囲まれた現代人は、いわば脳の中に住むー脳の法則性という観点からヒトの活動を捉え直し、現代社会を「脳化社会」と喝破。さらに、脳化とともに抑圧されてきた身体、禁忌としての「脳の身体性」に説き及ぶ。発表されるや各界に波紋を投げ、一連の脳ブームの端緒を拓いたスリリングな論考。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.92

読みたい

7

未読

4

読書中

4

既読

23

未指定

56

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください