東京の下層社会

ちくま学芸文庫

紀田順一郎

2000年3月31日

筑摩書房

1,045円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

駆け足の近代化と富国強兵を国是とする日本の近代は、必然的に社会経済的な弱者ー極貧階層を生み出した。しかし、多くの日本人はそれを形式的な慈善の対象として認識するのがせいぜいで、社会的存在として見据えようとせず、本質的には彼らを「落伍者」「怠け者」として切り捨ててきた。スラムの惨状、もらい子殺し、娼妓に対する恐るべき搾取、女工の凄惨な労働と虐待…。張りぼての繁栄の陰で、疎外され、忘れ去られた都市の下層民たちの実態を探り、いまなお日本人の意識の根底にある弱者への認識の未熟さと社会観のゆがみを焙り出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.5

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください