中華中毒

中国的空間の解剖学

ちくま学芸文庫

村松伸

2003年6月10日

筑摩書房

1,650円(税込)

科学・技術 / 文庫

龍が舞う、鳳凰が飛ぶ、あらゆる間隙が文様で埋め尽くされた空間の中を。異民族である清朝は無の空間を恐怖し、あらゆる空間を箱で組み立て吉祥文様で埋め尽くし彩色した。礼の秩序を重んじた儒教的空間秩序と、自然と和し「気」の流れを重んじる道教的空間秩序が重層的に織りなす「中華文化」は、ひとびとの行動、作法、空間の創造、インテリアなどすべてに影響を及ぼす。「中華=世界の中心」という強靱な文化体系はやがて各地に伝播し変容し独自のスタイルを生み出すが…。東アジアを覆いつくした「中華中毒」という病の諸相を読み解く力作。大平正芳賞受賞作、図版多数。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください