脳はなぜ「心」を作ったのか

「私」の謎を解く受動意識仮説

ちくま文庫

前野隆司

2010年11月30日

筑摩書房

836円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 文庫 / 医学・薬学・看護学・歯科学

意識とは何か。意識はなぜあるのか。死んだら「心」はどうなるのか。動物は心を持つのか。ロボットの心を作ることはできるのかー子どもの頃からの疑問を持ち続けた著者は、科学者になってその謎を解明した。「人の『意識』とは、心の中でコントロールするものではなく、『無意識』がやったことを後で把握するための装置にすぎない。」この「受動意識仮説」が正しいとすれば、将来ロボットも心を持てるのではないか?という夢の広がる本。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.9

読みたい

7

未読

1

読書中

1

既読

12

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください