ひきこもりはなぜ「治る」のか?

精神分析的アプローチ

ちくま文庫

斎藤環(精神科医)

2012年10月31日

筑摩書房

748円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「ひきこもり」の治療や支援は、どのような考えに基づいて行われているのだろうか。その研究の第一人者である著者が、ラカン、コフート、クライン、ビオンの精神分析家の理論を用いて、「ひきこもり」の若者かたちの精神病理をわかりやすく解説する。なぜ、彼らはひきこもるのか?家族はどのように対応すればよいのか?「ひきこもり」に対する新たな視点が得られる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.17

読みたい

2

未読

0

読書中

1

既読

10

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください