矢川澄子ベスト・エッセイ 妹たちへ

ちくま文庫 やー3-3

矢川 澄子 / 早川 茉莉

2021年3月12日

筑摩書房

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

この少女は不言を金科玉条とし、「お話をかくひと」を夢見たー澁澤龍彦の最初の夫人であり、アナイス・ニンやルイス・キャロルのすぐれた紹介者であり、孤高の感性としなやかな知性の持ち主であった矢川澄子。その作品にさまざまな角度から光を当て、幼い日々、思い出の人々、高原暮らし、少女ー反少女論、文学論などのテーマで織り上げる。密やかに、けれども強く輝く珠玉のアンソロジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください