小説家夏目漱石

大岡昇平

1988年5月1日

筑摩書房

2,424円(税込)

人文・思想・社会

著者にとっての文学入門でもあった漱石の処女作『吾輩は猫である』から遺作『明暗』にいたる作品をテクストに即して精緻に分析する注目すべき評論集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください