改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

ロバート・キヨサキ / 白根 美保子

2013年11月30日

筑摩書房

1,760円(税込)

ビジネス・経済・就職

この本は…金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。資産と負債の違いをはっきりさせる。お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。そして、お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(70

starstarstar
star
3.97

読みたい

149

未読

52

読書中

46

既読

382

未指定

488

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (10)

Novulin

あなたはどんな人生を選ぶ

starstarstarstar
star
4.5 2021年06月28日

凄いお金の勉強なりますねー!!

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2021年04月10日

よしくに

(無題)

-- 2020年08月12日

物価が上がって行くほど格差は拡大する。確かにそうかも 景気拡大とインフレのサイクル 社会が必要な投資の伸びよりもコスト削減や効率化、社会が豊かになることによる需要の逓減が大きければ、経済成長しなくても良いのでは 世界の中で日本だけがそうだと弱って行くのはわかるけど、外貨を稼げていれば良い 国内での生産が少ないということは輸出している方も少ないということか 内容はそれほど具体的でない。お金のために働くのではなく、お金を自分のために働かそう。すなわち、勤労所得ではなく不労所得とポートフォリオ所得を増やそう 考えてみれば、資本主義では自然と格差が拡大するというのは、お金がたくさんあるほどお金を集められるという仕組みだから。つまり、資金の運用が肝

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2020年05月22日

まず、前提としてこの本はお金の稼ぎ方の話で、幸せになる方法を話しているわけではない。 そもそもお金持ちになれば幸せになるという考え方そのものが、貧乏父さんの考え方である。 お金の正しい使い方や、資本主義の仕組みを理解し、自身の人生目的を達成するためにお金に働いてもらう。という考え方が金持ち父さんのスタートラインである。 お金は会社から貰うもの、貯めるもの、投資は危ない、お金の為に働く、といった昭和の概念、価値観(ラットレース)から離れ、 お金は自ら学んだお金リテラシーで作るもの、投資で自分のお金を働かせる、現金を生む資産を手に入れる、チャンスを掴み取る学びの為に働くといった、資本家的視点に変えること。 学校教育のレールから外れて、雇用者以外の道を歩むこと。 そうしないと、いくらたっても中流以下から抜け出せない。 抜け出したら、費用、負債の見直し、収入アップへの挑戦、そして資産運用。 これにより、資本家的ビジネスマンに向けて歩み出す。 今後、資本家と労働者の差は拡がるばかり。真面目に働いても資本家には敵わない。r〉g 収入アップには脱雇用者となり、学ぶために働くこと。すると、チャンスが来た時に掴み取る事ができる。 【金持ち父さんの教え】 ①お金のために働かない ②お金の流れをの読み方学ぶ ③自分のビジネスを持つ ④会社作って節税 ⑤金持ちはお金を作り出す ⑥お金の為でなく学ぶために働く 【資産を増やす】してから、資産を運用する 【脱ラットレースの最初の壁】 1恐怖心→失敗をバネに 2臆病風→勇気ない 3怠け心→忙しい人 4悪い習慣→支払い後回し 5傲慢さ→無知、知ったか 【スタートしてからのステップ】 ①強い目的意識を持つ(心底にあるその行為理由) ②毎日自分で道を選ぶ(思考停止にならない) ③友人を慎重に選ぶ(情報力) ④新しい方法を試す ⑤自分に対する支払いを済ませる ⑥専門家は大切にする ⑦元は取り戻す。稼ぎきる ⑧贅沢品は資産に買わせる ⑨ヒーローを持つ.心のメンター ⑩教えることで得る ①中流以下はお金のために働く。金持ちは自分のためにお金を働かせる →自分の目標達成の為にお金を活用する。 学校教育はラットレース養成所であり、金持ちになる為の勉強はできない お金は手段であり、目的。お金を目的とした働き方は資本家に搾取される、貧しい方法。だが、学校ではその方法しか教えない。 ②金持ちは資産を買う 中流以下は費用を買う。または資産と思って負債を買う。 ③自分のビジネスを持つ ≒本当の資産を持つ ④自分の会社を持つ →法律を利用できる ⑤金持ちはお金を作り出す お金ね理解、知識を高める 会計力、お金に関する数字読める 投資力、お金作り出す 市場理解力、需要と供給、市場理解 法律力、合法的にゲーム ⑥お金の為でなく、学ぶために働く 才能だけではなく、セールスも必要 広く浅く知識を増やし、自分より頭の良い人と仕事をし、そういう人間を集めてチームとして働かせる いくら稼げるかではなく、何を学べるかで選べ 結果的に様々なチャンスに遭遇し、たくさんの引き出しの中から、チャンスを掴み取る術を身につける事ができる。

全部を表示

あああ

金持ちにならなきゃ

starstarstar
star
3.1 2020年03月05日

金持ちになるための考え方について書かれた本。 なんかちょっとずるい気もするけど、世の金持ちはこんな感じなのでしょう。筆者のいう中流階級以下の人はまさしく自分だった。

全部を表示

Readeeユーザー

資産形成

starstarstarstar
star
4.5 2020年02月16日

資産管理等非常にわかりやすく書いてあり、もっと早くに読んでればと思いました。

全部を表示

わし

(無題)

starstarstar
star
3.6 2019年12月19日

リスクを恐れず、いや、リスクを大きくさせないために知識をしっかりつけて、積極的に資産を増やすアグレッシブな生き方をしたい人向けの本。

全部を表示

ショウジ ツヨシ

お金なんてあって損はない、むしろ沢山欲しい。

starstarstar
star
3.8 2019年04月22日

辞めた会社の上司が、これ読んで人生変わったとオススメされて読んだ本。 お金持ちのお金の動かし方というのが、中流層と貧困層と比較しながらわかりやすく書かれていた、他にその為の自制の心だったりが書かれた本。どちらかというとメンタル系メインに書かれてた気がする。気の持ち方ぢったり考え方だったり。ビジネス本よりかは自己啓発本ていうイメージだった。 そういう精神面含めたファイナンシャルインテリジェンスについての全てが書かれた本。ロバート・キヨサキの他の本も読んでみたいな

全部を表示

Readeeユーザー

おかね

starstarstarstar 4.0 2018年06月25日

おかねほしくなった、がんばろう( *・ω・)ノ

全部を表示

Readeeユーザー

ファイナンシャルインテリジェンスの養成本

starstarstarstar 4.0 2017年11月04日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください