K2苦難の道程

東海大学K2登山隊登頂成功までの軌跡

出利葉義次

2008年7月31日

東海大学出版部

2,420円(税込)

旅行・留学・アウトドア / ホビー・スポーツ・美術

2006年8月1日、東海大学K2登山隊は、世界で最も難しいと言われるK2の登頂に14時間20分を要し成功した。しかし、下山開始後音信が途絶え消息不明に。アタック隊2名は酸素が切れ8200mの高所でビバーク、19時間を経てアタックキャンプに戻った。ベースキャンプに生還したのは、アタック開始から実に1週間後のことだった。アタック隊生還までの壮絶な闘い、それを懸命に支えた隊員たちの勇気ある行動、医師と看護師の献身的な治療、夢破れベースキャンプを去った隊員の涙、決断を迫られた隊長の苦悩を綴る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください