死の世界を考える

死後の生存はあるか

ロベルト・カステンバウム / 宮本忠雄

1986年3月31日

東京書籍

1,980円(税込)

人文・思想・社会

「死の世界」の科学。死の問題に新たな光を投げかける。医学・心理学・行動科学・理論物理などの立場から,近似死体験,対外遊離経験(自己像視),ポルターガイスト,心霊交信,エクトプラズム,幽霊…などについて検討を加え,〈死は生の終わりか〉のテーマに迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください