堆塵館

アイアマンガー三部作1

エドワード・ケアリー / 古屋美登里

2016年9月30日

東京創元社

3,300円(税込)

絵本・児童書・図鑑 / 小説・エッセイ

19世紀後半、ロンドンの外れの巨大なごみ捨て場。幾重にも重なる屑山の中心に「堆塵館」という巨大な屋敷があり、ごみから財を築いたアイアマンガー一族が住んでいた。一族の者は、生まれると必ず「誕生の品」を与えられ、一生涯肌身離さず持っていなければならない。15歳のクロッドは、聞こえるはずのない物の声を聞くことができる変わった少年だった。ある夜彼は屋敷の外から来た召使いの少女と出会う。それが一族の運命を大きく変えることに…。『望楼館追想』から13年、作者が満を持して贈る超大作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.95

読みたい

10

未読

3

読書中

0

既読

12

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

RinRin

自己紹介

starstarstarstarstar 5.0 2019年02月27日

一族のストーリーなので、とにかく登場人物を覚えるのは、とっても大切ですよ!それぞれのキャラクターにとっても意味があります。最初からしっかり頭に叩き込みましょう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください