ヴェサリウスの柩

麻見和史

2006年9月30日

東京創元社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

解剖実習中“ご遺体”の腹から摘出された一本のチューブ。その中には、研究室の教授を脅迫する不気味な詩が封じられていた。「園部よ私は戻ってきた。今ここに物語は幕を開ける…」。動揺する園部。彼を慕う助手の千紗都は調査を申し出るが、園部はそれを許さない。しかし、今度は千紗都自身が、標本室で第二の詩を発見してしまう。「黒い絨毯の上で死者は踊り生者は片腕を失うだろう…」。事務員の梶井に巻き込まれる形で調査を始めた千紗都は、チューブを埋め込んだ医師を突き止める。だが、予想外の事実に千紗都は困惑したーその医師は十九年前に自殺していたのだ。抜群のリーダビリティ、骨太のストーリー、意表を衝く結末ー第16回鮎川哲也賞受賞の傑作ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.5

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください