完全・犯罪

小林泰三

2010年9月30日

東京創元社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

“最後の一行”がもたらす想像不能の驚きと恐怖。鬼才、本領発揮。自らの発明品を用いてライバルの暗殺を目論んだマッドサイエンティストが嵌り込む恐るべき論理の陥穽を描いた表題作、本格ミステリ黄金期の巨匠J・D・カーの傑作『火刑法廷』に連なる壮絶な復讐譚「ロイス殺し」、名前をはじめあらゆるものを共有していた姉妹の愛憎劇「双生児」など、異様かつ意外な結末が待ち受ける、世にも奇妙な恐怖物語五編を収める。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください