江神二郎の洞察

E.M.C. 1988.04-1989.04

創元クライム・クラブ

有栖川有栖

2012年10月31日

東京創元社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

その人の落とした『虚無への供物』が、英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだったー。大学に入学した一九八八年四月、アリスは、江神二郎との偶然の出会いからEMCに入部する。江神、望月、織田とおなじみの面々が遭遇した奇妙な出来事の数々。望月の下宿でのノート盗難事件を描く「瑠璃荘事件」をはじめ、アリスと江神の大晦日の一夜を活写する「除夜を歩く」など、全九編収録。昭和から平成への転換期を背景に、アリスの入学からマリアの入部までの一年を瑞々しく描いた、ファン必携のシリーズ初短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.9

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

73

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

에가미 지로의 통찰

starstarstarstar
star
4.7 2020年11月27日

아리스가와 아리스

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください