愚行録

創元推理文庫

貫井徳郎

2009年4月30日

東京創元社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ええ、はい。あの事件のことでしょ?-幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。隣人、友人らが語る数多のエピソードを通して浮かび上がる、「事件」と「被害者」。理想の家族に見えた彼らは、一体なぜ殺されたのか。確かな筆致と構成で描かれた傑作。『慟哭』『プリズム』に続く、貫井徳郎第三の衝撃。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(36

starstarstar
star
3.8

読みたい

37

未読

40

読書中

1

既読

282

未指定

195

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

貫井徳郎「愚行録」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstar 2.0 2017年05月05日

被害者も加害者も、関係者も同じ人間。複数の人のインタビューから被害者の人間像が浮き彫りになると共に、話している人の人間性も現れている。 幸せな話ではないけど、ちょっと気持ち悪いけど、引き込まれてしまう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください