福家警部補の挨拶

創元推理文庫

大倉崇裕

2008年12月31日

東京創元社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本への愛を貫く私設図書館長、退職後大学講師に転じた科警研の名主任、長年のライバルを葬った女優、良い酒を造り続けるために水火を踏む酒造会社社長ー冒頭で犯人側の視点から犯行の首尾を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く倒叙形式の本格ミステリ。刑事コロンボ、古畑任三郎の手法で畳みかける、四編収録のシリーズ第一集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstar
star
2.9

読みたい

7

未読

9

読書中

1

既読

75

未指定

67

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

大倉崇裕「福家警部補の挨拶」

--
0
2019年12月13日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください