妖怪の子預かります

創元推理文庫

廣嶋玲子

2016年4月30日

東京創元社

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

弥助は十二歳。養い親である千弥と長屋で暮らしているが、ある夜、烏天狗にさらわれ、妖怪奉行所に連れていかれる。悪夢を見た弥助が鬱憤晴らしに割ってしまった石が、子預かり妖怪うぶめの住まいだったのだ。妖怪の御奉行に「罰として、うぶめに代わって妖怪の子を預かれ」と命ぜられ、それからというもの次々に来る子妖怪に振り回される…。心温まるお江戸妖怪ファンタジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.93

読みたい

23

未読

8

読書中

1

既読

53

未指定

46

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

面白い

starstarstarstarstar 5.0 2020年11月29日

廣島玲子さんが好きで、妖怪物が好き! 読みやすいのに毒もありどんどん読めてしまいます。 この先の話が楽しみです!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください