価値ベースのマーケティング戦略論

ピーター・ドイル / 恩蔵直人

2004年2月19日

東洋経済新報社

5,280円(税込)

ビジネス・経済・就職

伝統的なマーケティングは、市場シェアの向上や消費者認知の引き上げなどを目的としてきた。しかしこの枠組みも、市場シェアと長期的利益、消費者認知とブランド構築の関係が薄れてきた今日ではもはや有効に機能しなくなりつつある。では、いまマーケティングに求められていることとはいったい何なのだろうか。株主価値の最大化に寄与することーこれこそが、今日のマーケティングに課せられた使命である。本書は「市場シェアと消費者認知」では到達しえないマーケティングの真価を、財務的思考で引き出した革命的な書である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください