海外進出企業の贈賄リスク対応の実務

米国FCPAからアジア諸国の関連法まで

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法 / デロイトトーマツファイナンシャルアドバイ

2013年5月24日

中央経済社

3,960円(税込)

人文・思想・社会

本書は、国際的に事業展開する日本企業にとって、現地国で不可避的に遭遇する汚職の問題に対し、現実的な対応を提案することを目的としている。米国FCPA等の主要な法律を日本企業への適用パターンから、リスク低減策としてのコンプライアンス制度の導入方法、さらに担当者の汚職関与が発覚した場合の対応方法まで解説している。さらに、アジア主要10カ国の汚職関連法規と実際の汚職リスクにも言及している。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください