飲料容器の科学

おもしろサイエンス

松田 晃一

2018年3月15日

日刊工業新聞社

1,760円(税込)

ビジネス・経済・就職

ガラスびん・缶・紙・ペットボトルといった飲料容器は、中味の飲料をおいしく長もちさせるために、さまざまな工夫がこらされています。知られざる数々の技術と、より軽く強く高機能の容器をめざしてきた進化と未来を紹介します。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください