イラスト図解城

城の基本知識と戦いのための構造がわかる

小和田哲男

2010年11月30日

日東書院本社

1,650円(税込)

人文・思想・社会 / 科学・技術

弥生時代、財産である米を守るために、集落の周囲に堀を巡らせ、柵を建てた。城の始まりは、財産を守る防衛設備であった。やがて戦国時代になると、城は軍事拠点として変貌をとげる。権謀術策の粋を結集して築かれた城は難攻不落と恐れられ、城主の軍事力を見せつけるものであった。古の時代から戦国時代、江戸時代と、英雄が居住した、歴史とロマン溢れる城。現在も残る天守14城と名城、城の構造、軍略的仕掛け、伝説の戦い、そして各国に残る城郭遺構を紹介しよう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください