七つの会議

池井戸潤

2012年11月30日

日経BPM(日本経済新聞出版本部)

1,650円(税込)

小説・エッセイ

トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だったー。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。だが、そこには誰も知らない秘密があった。筋書きのない会議がいま、始まるー。“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(37

starstarstar
star
3.91

読みたい

8

未読

6

読書中

2

既読

250

未指定

132

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

よしくに

(無題)

-- 2020年08月12日

サラリーマンやめたくなった。 会社に居続けるためには不正をせざるを得ないこともあるのでしょう。 うちの職場は内向きな動機で仕事してるから恐ろしい。 みんな会社にしがみついて生きている以上、仕方ないのでしょうか。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください