松下幸之助夢を育てる

日経ビジネス人文庫

松下幸之助

2001年11月30日

日経BPM(日本経済新聞出版本部)

555円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

小学校を4年で中退して丁稚となった松下幸之助は、弱冠22歳でソケットの製造販売を始めた。以来、電器一筋に、「ナショナル」「パナソニック」という世界ブランドを育て上げ、「水道哲学」という独得の理念の下、積極的に社会への発言を続けた“経営の神様”の履歴書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.47

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ほーく

大胆にして細心

starstarstar
star
3.7 2020年09月13日

松下電器,現パナソニックの創始者松下幸之助。 その人生は僕の想像よりもはるかに苦難の道だった。 幼いころ、兄弟を亡くし、学校にも行けずに親元を離れ奉公する毎日。そんな中1つの豆電球から始まり大企業へと至る過程はとても勉強になった。 本書の解説の言葉を借りると、”大胆にして細心”の数々だった。いきなり会社を作ったと思えば、海外に飛び出し数々の提携を行い、そして社会貢献まで行う。一方で、会社を客観的に見つめ、問題を解決し、従業員のことを1番に考え育てる。そんな両立を成し遂げる難しさと大切さを学んだ。

全部を表示

ほーく

大胆にして細心

starstarstar
star
3.7 2020年02月19日

松下電器,現パナソニックの創始者松下幸之助。 その人生は僕の想像よりもはるかに苦難の道だった。 幼いころ、兄弟を亡くし、学校にも行けずに親元を離れ奉公する毎日。そんな中1つの豆電球から始まり大企業へと至る過程はとても勉強になった。 本書の解説の言葉を借りると、”大胆にして細心”の数々だった。いきなり会社を作ったと思えば、海外に飛び出し数々の提携を行い、そして社会貢献まで行う。一方で、会社を客観的に見つめ、問題を解決し、従業員のことを1番に考え育てる。そんな両立を成し遂げる難しさと大切さを学んだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください