サラリーマンは、二度会社を辞める。

日経プレミアシリーズ

楠木新

2012年11月30日

日経BPM(日本経済新聞出版本部)

935円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

頑張っても、自分には返ってこない。結局、実力より協調性で決まる。40歳になったら自分の評価は変えられない…。多くの会社員は、在籍したまま会社から心を離すが、本当の人生はそこから始まる。会社員はライフステージごとにどう考え、どう働くべきか、多くの事例を交え具体的に考える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

8

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年08月14日

現代社会を生きる限りはお金が必要で、一般人にとっては起業するよりサラリーマンする方が難易度低いので、生きるために仕方ないこともあると思います。そういう意味で現実的な処世術を論じていて、「会社人間になってみる」との問いかけは、自身の経験からも納得できる物です。いろいろな会社があると思いますが「寄らば大樹の陰」と思えるような会社に入った人は、すごく幸せだと思います。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください