ニッポン「起業」学

Doyukai books

北城恪太郎

2005年7月31日

日本実業出版社

1,540円(税込)

ビジネス・経済・就職

アメリカでは最も優秀な学生は、起業家を目指す。それが世間の評価が最も高いという。対して日本は、優秀な者は官僚や銀行員になる。起業はどこかウサン臭いものという印象がまだある。この構造を変えないと、これから日本は活性化しない。少子高齢化時代を迎え、経済の閉塞状況を打破するのは起業家の育成である。芸能人やスポーツ選手だけでなく、若者は起業家にも注目してほしい。経済界にも、若者が憧れるような、“イチロー”を生みだそう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください