自由と特権の距離増補版

カール・シュミット「制度体保障」論・再考

現代憲法理論叢書

石川健治

2007年6月30日

日本評論社

5,170円(税込)

人文・思想・社会

本書は、制度的保障論と呼ばれる、憲法解釈論の通説的な、しかし、しばしば悪名高い基本枠組を、直接の検討対象とする法解釈論の書である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

2

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください