dxとdyの解析学

オイラーに学ぶ

高瀬正仁

2000年10月31日

日本評論社

2,860円(税込)

科学・技術

本書は日本評論社の数学誌『数学セミナー』に13回にわたって掲載された連載稿「dxとdyの解析学」を底稿として成立した。タイトルに見られる「解析学」は今日の「微分積分学」とほぼ同義であり、一変数および多変数の微積分への入門というほどの意味合いの言葉である。そこにわざわざ「dxとdyの」という形容句を冠したのは、オイラーに学ぼうとする本書の解析学が、通常の微積分に比してだいぶ様相を異にしていることを強調しようとしたためにほかならない。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください