黄金比とフィボナッチ数

リチャ-ド・A.ダンラップ / 岩永恭雄

2003年6月20日

日本評論社

2,090円(税込)

科学・技術

本書では、まず、平面の充填問題に関するロジャー・ペンローズの研究成果など、フィボナッチ数に関する新しい話題を取り上げた。さらに、厳密な数学の理論展開をすることなく、黄金比とフィボナッチ数に関する性質やペンローズの難解な理論を理解させようと試みた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar 2

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください