素粒子論の始まり

湯川・朝永・坂田を中心に

亀淵 迪

2018年12月5日

日本評論社

2,750円(税込)

科学・技術

量子力学を創った3人組ーハイゼンベルク、パウリ、ディラック、そして日本の素粒子論を拓いた3人組ー湯川秀樹、朝永振一郎、坂田昌一を通して、「いかに研究がなされたか」を描き出す。これら3人組の謦咳に接した著者のみが語りえる真相をここに。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください