キリスト教と聖書の謀略

カトリック教会が仕掛けた人類最大の虚構を暴く!

モリス・シャトラン / 南山宏

1994年7月31日

日本文芸社

1,100円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

平和と博愛の象徴、カトリックの総本山ヴァチカンは、権力欲と陰謀が渦まき暗殺が横行する犯罪組織だった。元NASAのエンジニアだった著者は、封印された『ナグ・ハマディ写本』『死海文書』を入手、キリスト教と聖書の虚偽に気づくー。古代より謀略的組織として活動してきたカトリック教団の裏側をあますところなく暴く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください