戦争論

絶対平和主義批判

西部邁

1991年6月30日

日本文芸社

1,388円(税込)

人文・思想・社会

「平和国家」日本に半世紀ぶりに訪れた[問題としての戦争=湾岸戦争]をテクストに、戦争と平和、正義と邪悪、手段と目的、理性と感情、ルールと反秩序…などについて思想のレベルで考察しつつ、絶対平和主義を唱える現代知識人の空虚なる言説を鋭く批判する注目の最新評論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください