炎の残像

日文文庫

勝目梓

1999年3月31日

日本文芸社

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

インテリアデザイナー・小津健吾の婚約者・石沢紀子が焼身自殺を遂げた。十日前、彼の眼前で暴漢たちに凌辱されたことに絶望し、命を絶ったのだ。葬儀の夜、健吾は大型ダンプに命を狙われるが、アパートに戻ると、弟・慎治の悲報が届いていた。弟は何者かに殺害されたらしいのだが、健吾の行く手にも不気味な罠が…。凶悪な敵に挑む凄惨な復讐を描く長編ハードサスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください