僕はもう、一生分泣いた

パニック障害からの脱出

円広志

2009年1月31日

日本文芸社

1,430円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

パニック障害とつきあいだして9年。歌手・円広志がその闘病生活と、そのなかで得た生きる意味、ほんとうの幸せについて語る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

star
star
1.75

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください