江戸の生活ウラ事情

衣食住から格差社会の実像まで知られざる江戸の意外な

日文新書

永井義男

2009年5月31日

日本文芸社

796円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

江戸は「ゆたかだった」のではなく「ゆたかな一面があった」に過ぎず、「自由だった」のではなく「自由な側面があった」に過ぎない-。巷にあふれる江戸賛美は果たしてどこまでが本当なのか?江戸に息づく人々の衣食住から、意外に情けなかった武士たちの実像まで、時代小説作家ならではの切り口で迫る江戸の「天国と地獄」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください