留美のために

ミステリー・リーグ

倉阪鬼一郎

2007年9月30日

原書房

1,980円(税込)

小説・エッセイ

学内のミステリーサークル「アルゴークラブ」は、赤田留美、羽根木透という二人の死者を出して、その活動に幕を下ろす。その最後の会合は、羽根木の遺稿「紅玉の祈り」の朗読会となった。羽根木の赤田への思いが描かれているようなのだが、しかし、じつはそこに二人の死にまつわる「重要な真実」が記されているのだという。メンバーは遺稿を読みながら、やがてある「それ」に気づくのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

11

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください