千利休

己の美学に殉じた男

PHP文庫

土岐信吉

1996年5月31日

PHP研究所

832円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「あれほど待ち望んだ平和が招来したとたん、朝鮮、明に出兵しようとは…とうとう心まで老いて魔道に入ったか」。面前で平然と言い放つ利休に、秀吉は思わず懐刀に手をかけたー。信長、秀吉に仕え、茶の湯の頂点を極めた男、千利休。しかし一方で利休は、恐るべき秀吉の秘密を知ってしまったのだった。秀吉と利休の関係を新しい解釈で描き、自刃の謎に迫る傑作歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください