立花宗茂

秀吉が天下無双と讃えた戦国武将

PHP文庫

八尋舜右

2000年6月3日

PHP研究所

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「鎮西一の忠勇、天下無双の勇士なり」と秀吉が絶賛した筑後柳河13万石の領主・立花宗茂。その生涯は実父・高橋紹運、養父・立花道雪の高潔な生き方を範とし、戦国乱世にあって、まことに誠実・清廉なものであった。本書は、この父子三様の猛々しくも清々しい生きざまと、妻との夫婦間の葛藤を見事に描出。現代人に人間の温もりをほのぼのとつたえる力作である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

12

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください