名禅百話

人生の真理と不動の心を求めて

PHP文庫

武田鏡村

2000年9月30日

PHP研究所

691円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

日々一刻が最上の時であることを説いた雲門の「日日是れ好日なり」。生死の無常を見つめた一休の「門松は冥途の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」…。本書は、いまをいかに生きるべきか、四苦といわれる生老病死への心がまえなど、名僧たちの人生に対する深い洞察を百話まとめたものである。どうすれば幸福に心安らかに生きられるかを示唆した、現代人のための生き方のヒント。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください