ボケママからの贈りもの

働きながらの在宅介護の記録

PHP文庫

藤原瑠美

2002年3月31日

PHP研究所

628円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

「どうしよう。紅茶のいれ方がわからなくなっちゃった」-このひとことから痴呆の母の在宅介護とキャリアとの両立の日々が始まった。福祉公社や訪問看護ステーションなど、社会の助けを借りながら困難を乗り越え、母の介護をとおして自分自身が癒されもした。いっぽうで、まだまだ多くの課題を抱える日本の介護制度を痛感した。お互いを過剰に縛らない人間性豊かな介護のありかたを考える本。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください