北条氏康

信玄・謙信と覇を競った関東の雄

PHP文庫

菊池道人

2002年12月31日

PHP研究所

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北条早雲に始まる後北条氏5代。本書は、卓抜なる軍略と民政でその最盛期を築いた第3代・氏康の生涯を描く長編小説である。幼き日、大筒の爆裂音にさえ身を縮めるほどの弱虫であった氏康は、しかし家臣たちの厳しくも温かい養育により、16歳の初陣では立派に勝利をおさめる。以後、東の今川、武田、上杉勢等と互角に渡り合い、ついに念願の関東八州を制覇するのであった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

8

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstar 3.0 2020年08月14日

氏康の話は、勝って勝ちすぎずと民からの徴税のあり方の2つに尽きると思います。この点は著者も考えて構成した感じです。今100持っているとすれば、その中で堅実に勝負する北条家が、バブル投資の権化みたいな豊臣秀吉に負けてしまうのも思うものがあります。個人的にもしこの時代に生きて主君を選べと言われたら即答でこの人氏康を選びます。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください